AFP・ジャパン主催
AFPオンライン・体験会 vol.1
〜 まったく新しい女性性へのアプローチ 〜

7/14(水)
開催

望む現実を創造するのは、「戦略」ではなく、

あなたらしい「存在感」です。


AFP・フェミニンプレゼンスは、レイチェル・ジェイン・グルーバーにより開発された44のプラクティスからなる女性性開花のプログラムです。


AFPのプラクティスはどれもシンプルで簡単、そしてすぐに効果がでることから、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパで、多くの女性から注目を集め、AFPは今、日本でも広まりつつあります。

AFPではプラクティスを通じて、「私らしい女性らしさ」につながっていきますが、「こうなりましょう」とか「こういうのが女性らしさですよ」など、「女性らしさ」について決められた型やパターンがあるわけではありません。


AFPでは、女性の数だけ女性らしさがあると考えます。

つまり、「私らしい女性らしさ」は、「その人らしさ」と直接つながってもいるのです。


女性としての体にくつろぎ、「私らしく」、人生を喜びに満ちて生きていくことをAFPのプラクティスは可能にします。

  

今までの自分を知るためのセミナーやワークショップの多くは、男性が考案したものが主流でした。


AFPは、女性がつくった、女性のためのものです。

「ああ、こんなにも簡単に楽になっていいんだ」「女性には、女性の道があったんだ」と

AFPを体験した多くの女性が安堵の言葉をつぶやきます。


「もう頑張って変わろうとしなくていい。」
AFPを実践し、この実感を手にした女性達からたくさんの喜びの声があがっています。


まったく新しい女性性へのアプローチであるAFPから、

人生をあなたらしく喜びに満ちて生きる鍵を受け取ってみてください。

そして、あなた自身を満たし、喜びの扉を開けましょう。




《実際に体感することは、何よりもパワフル》

「自然体で生きる」

「自分の体にくつろぐ」

「自分自身でいることにOKを出す」


言葉でそれらを聞いて、頭では理解したつもりであっても
「じゃあ、実際にはどうすればいいの?」
そう思ったことはありませんか?


その答えが、AFPのプラクティスにはあります。



「こんな簡単なことなのに、びっくりするくらい変化が感じられた」

「自分の意識が変わるだけで、こんなにも楽になるなんて」

「もっと早く知りたかった」


AFPのプラクティスを実際に体験した多くの女性がそう言います。



この体験会では、AFPの基本中の基本であるプラクティスを

一つ体験していただくのですが


そのたった一つのプラクティスを知るだけで

自分自身の感覚が大きく変化することに驚かれるでしょう。



そして、他の女性たちの変化を見ることで

さらにその思いは確信へと変化していきます。



また、この体験会では、毎回、AFP認定ティーチャーをゲストとしてお招きします。

通常のAFPのクラスでは、ティーチャーが一人で開催することが多いですが
この体験会では、ゲストティーチャーを含め
それぞれのティーチャーのプレゼンスを味わうことができます。



自分らしい女性性を探究していくAFPはまた、
ティーチャーによっても体験会の味わいが違ってきます。


一人ひとりのプレゼンスがその人だけがもつ輝きを発するように、
そのティーチャーだけがシェアすることのできるエッセンスが、
毎回の体験会に加わっていきます。

それは、自然なこと、 そして、とても豊かなことです。



それを味わうことで、
人それぞれの「その人らしさ」があり

そして、「その人らしくある」ことがプレゼンスを輝かせ、
それが魅力になるということを体験・体感していくことができます。



その体験は、「私もまた私らしくあっていいんだ」「そこに私の魅力があるのだ」と

あなた自身の存在感と魅力を受け容れることのできる体験となるでしょう。


この体験会に参加することにより
それを体感し、実感する時間をご一緒しましょう。

そして、AFPのベースとなるプラクティスを体験し
それを日常生活で活かし、実践していく鍵をぜひ受け取ってください。




7月14日体験会のファシリテーター

AFP認定テニュア・ティーチャー(終身認定講師)
森川紗羽(マハンタ)

AFPに出会ってから、私の人生は大きく変化しました。
気がついたら、好きな仕事をし、住みたかったところに住んでいました。

それは、ものすごく努力したからそうなったというより、自分自身にくつろぎ、自分は本当はどうしたいのかを素直に感じ、それを表現していったからだと思います。
そのプロセスの中で、AFPのプラクティスには本当に助けられたと思っています。

この体験会で、私の人生を自分の望む方に大きく変えてくれた鍵となるAFPのプラクティスをお伝えできることをうれしく思います。ご一緒に楽しく、そして意義ある時間を過ごせることを楽しみにしています。
<プロフィール>
1989年より本格的に心理学や精神世界について学びはじめる。以後、さまざまな手法を学びながら、「その人自身がもつ可能性を最大限に生きる」ことをサポートすることを意図し、ワークショップやセッションを提供している。2014年にAFP認定ティーチャーとなり、AFP創始者のレイチェル・ジェイン初来日以降、AFP・ジャパンの運営を行っている。
   
Facebook:https://www.facebook.com/prem.mahanta.5/
メルマガ:https://17auto.biz/hearttoheart/touroku/entryform1.htm

7月14日体験会のゲスト ティーチャー

AFP認定テニュア・ティーチャー(終身認定講師)
那須陽子

ずっとずっと長い間押し込めてきた女性性をAFPが無理なく開いてくれました。 体感できる、楽しいのに深い気づきの起きるエクササイズを通して、「私らしくある喜び」に繋がっていきます。 AFPとアートセラピーを通じて人生の創造性、喜びを増やす活動をしています。
<プロフィール>
2015ルビー2016アメジスト終了2021テニュア(終身認定ティーチャー)になる。 さまざまなアートに興味を持ち、最近は写真を毎日撮影してはインスタグラムにアップ。 金継ぎ、さき織、ダーニングなどいったん壊れたものを美しくよみがえらせる過程を楽しむ。 アートセラピーとAFPを組み合わせたり、自撮りとAFPを組み合わせた講座も開催。

インスタグラム:https://www.instagram.com/yokonasu
ブログ:https://ameblo.jp/nijinoenogubakoblog
HP虹の絵具箱:https://www.nijinoenogubako.com/
Facebook:https://www.facebook.com/yoko.nasu.10

AFP認定テニュア・ティーチャー(終身認定講師)
池澤良子(いけざわりょうこ)

私は自分の思いや意見を人にいうのが すごく苦手でした。 それが本当の思いであればあるほど。 自分が感じていることは それでいいんだ、、、 そして自然に表現できてしまう。 AFPはそれを教えてくれました。 そしてそれが私の中の「女性性」「女性的な質」と 関係があるということも。 自分の本当の感覚や思いと繋がった時、 女性的な質を開花し、活性化し、 それらがそのままあわれた時に、 現実はどう見えて、動いていくのか、 人との関係はどうなっていくのか。 ご一緒するのを楽しみにしています。

<プロフィール>
子どもの頃より「女性」がこの社会で幸せに生きることに 興味をもち、女性の福祉について学び始める。 国際協力プログラムコーディネーターや NPO市民活動支援の領域で活動。 2013年に自身の病気をきっかけに AFPを日本に紹介したアムリタ映蓮さんと出会う。 2014年AFP認定ティーチャー 以後、東京・関東・高知でAFPを多数開催。 現在オンラインでAFPを開催中。 高知県高知市在住。

ブログ ひとことワークス・池澤良子 https://ikezawaryoko.livedoor.blog/
facebook ひとことワークス・池澤良子 https://www.facebook.com/hitokotoworks

『AFPオンライン・体験会』詳細

*日時*
2021年7月14日(水)10時〜11時30分

*開催場所*
ZOOMにて
   
*参加費*
3,300円

*お支払い方法*
PayPal または 銀行振込

  
*より効果的に受講していただくために*
ワークショップの性質上、
交流しながら進めたくできる限り
  ビデオオンでお顔を出してご参加ください。
また、体験会の録画の予定はありません。